本当に偶然なのですが、委任状原紙の発送リストを整理していると、見知ったお名前があり、よく参拝させて頂いていた大阪にある仁徳天皇をお祀りするお社の宮司さんのものでした。
というわけで、久々に参拝方々お届けに参った次第、ご不在と重なって直接お会いできませんでしたが、半年以上のご無沙汰をしていたお社でゆったりとした時間を過ごさせて頂きました。

大阪人でも仁徳天皇というと大阪・堺市の仁徳天皇陵しかイメージしない方が居ますが、仁徳天皇は大阪と非常に縁のある帝で、難波高津宮という都を大阪市内に築き政を行われ、各所にその旧跡が残っております。
縁のお社もいくつかあり、そのひとつが今回参拝させて頂いた神社になります。

今ではあまり大きくは取り上げられませんが、この仁徳天皇、戦前では修身の教科書で学ぶ機会があったらしく、ご年配の方の方がこの帝については詳しいかもしれません。

竈から煙が立たないほど困窮していた民の生活を見かねて租税を三年免除して、その間自らは倹約に努め、庶民の生活が立ち直り繁栄している様を喜び、
「高き屋に登りて見れば煙立つ民のかまどは賑ひにけり」
と歌われたとされる聖王としてです。

若干、今の政治家に言いたい事もありますが、それはさておき、戦前には道徳として教えられていたこれらの内容が、今はあまり教えられていないのは寂しい事です。

これも靖国の英霊と同様に戦後に歪められたもののひとつという事なんでしょうか。






(今日の独り言はこの辺りで)

◎事務局からのご案内◎
現在、靖国神社側への訴訟補助参加人として裁判所に1000数十名の方々を申請させて頂いております。
この安倍靖国参拝訴訟が続く限り、幾人も幾人も靖国神社側の人たちが続き、裁判所側で靖国神社を誹謗中傷する原告の訴えを棄却するように求める為の活動です。

志に賛同していただける方のご参加をお願いさせて頂くと共に、趣旨を理解して頂ける方にもお声掛け頂ける事をお願い申し上げます。(現在、補助参加人名簿これだけの方にご参加頂けています。)

会への入会並びに訴訟補助参加の委任状申し込みは、こちらのリンク先で→訴訟、補助参加申込書

≪スタッフから≫
委任状原紙の送付作業を頑張ってます。(人・宛名印刷機共に)
委任状原紙(東京分・大阪分計二枚)が届きましたら、署名捺印の上、ご返送をお願いいたします。
(署名部分の㊞と捨て印部分の㊞の二箇所押印部分があります、捨て印の方見逃しやすいので、ご注意下さい。
委任状は東京分大阪分の計二枚あります。双方ともご記入の上ご送付下さい)
出来るだけ早期に、皆様の思いを法廷に届けたいと思っております。
ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

≪スケジュール≫

11月の予定
1日~ 第三次訴訟補助参加分の受付・集計開始
初旬 第二次訴訟補助参加者名簿・委任状を東西裁判所に提出予定

12月の予定
【東京】靖国参拝訴訟 第2回口頭弁論
12月1日 東京地裁 15:30(14:50頃から傍聴券抽選の可能性大)
※ 裁判終了後、弁護士会館で報告会(予定)              ←New!

1月の予定
【大阪】靖国参拝訴訟 第3回口頭弁論
1月9日 大阪地裁 10:00開廷(傍聴券抽選の為に9:30をめどにお集まり下さい。)