9/21(大阪)第二回口頭弁論が行われました。
訴訟の模様等は徳永弁護士によるビデオ解説を準備する事になったようなので、そちらでお伝えさせて頂く形を取らせて頂きます。(籤運悪く、中に入れなかったもので・・・正確な事をお伝えできないもので)

当日、手に小冊子を持った一団数十人(原告側ですね)とそれ以外(恐らく靖国応援側と報道関係)で凡そ1:3位の割合で傍聴希望者が集結しており、9:20頃から傍聴券を得る為の抽選券が配布されました。
よくよく聞いてみると、日本会議・大阪の方で別途案内を出されていた模様で、靖国応援側が多数を占めていたようです。
抽選倍率は約2~3倍という感じでしょうか、前回の絶望的な体感5倍程度の倍率からすると、やや緩和されており、特に原告側の人数が減っていた気がします。
気合を入れて整理券を握っていたのですが、残念ながらはずれ。
しかしながら、中で傍聴をして欲しいと思っていた方には行き渡ったようで、会としてはまず一安心という形になりました。

独り言なので、好き勝手言わせて貰いますが、もしかすると大阪側の裁判の裁判官にたいして、原告団はあまり期待していないんではないかという感想を持ちました。(期待しているならもっと大々的に動員をかけるんだろうなという勝手な想像ですが)

実際、訴訟進行も、前回も今回も数十分の短時間で終了し、東京側の1時間30分程度掛けて原告の話を必要以上にとも思えるほど丁寧に拾っていく裁判官とはあまりにも対照的なんですね。
彼らの今の注力している裁判は東京地裁側なんじゃないかなと、人数を見て思いました。
(かといってこちらは手を緩める事は一切する気はありませんが)

次回大阪は年明けに第三回口頭弁論を行う事になったようです。
日時を正確に確認次第、ご連絡申し上げます。

丁度年始挨拶の時期だと思います。
丁度その時期、私も大阪の本町・淀屋橋界隈を回っている予定なので、今回みたいに無理やり時間を捻出して今度こそ傍聴券を手にしたいと思っています。


(今日の独り言はこの辺りで)


◎事務局からのご案内◎
≪スタッフから≫
委任状原紙の送付作業を頑張ってます。(人・宛名印刷機共に)
委任状原紙(東京分・大阪分計二枚)が届きましたら、署名捺印の上、ご返送をお願いいたします。
(署名部分の㊞と捨て印部分の㊞の二箇所押印部分があります、捨て印の方見逃しやすいので、ご注意下さい。
委任状は東京分大阪分の計二枚あります。双方ともご記入の上ご送付下さい)
出来るだけ早期に、皆様の思いを法廷に届けたいと思っております。
ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

≪スケジュール≫
10月の予定
※10月末辺り到着分を目処に一旦区切り、第二次訴訟補助参加分として裁判所に委任状を提出。
11月以降分を第三次訴訟補助参加分とさせて頂く予定です。

11月の予定
第二次訴訟補助参加者名簿・委任状を東西裁判所に提出予定
第三次訴訟補助参加分の整理・集計開始

12月の予定
【東京】靖国参拝訴訟 第2回口頭弁論
12月1日 東京地裁 15:30(14:50頃から傍聴券抽選の可能性大)

1月の予定
【大阪】靖国参拝訴訟 第2回口頭弁論
大阪地裁


スケジュール等決定次第、順次追加いたします。