英霊を被告にして本当にいいんかい?!

安倍内閣総理大臣による靖国神社参拝に対して訴訟が起こされました。 その訴訟に対抗すべく有志が立ち上がった「英霊を被告席に座らせることを許さない国民の会」 ここはその公式ブログです。

参加者の声2

「祖国のために殉じた英霊に対して、総理はもとより国会議員が謝意と崇敬の念を示すのは、国家として当然のことである。
われら日本人全体にとって、英霊への冒涜は精神的な苦痛である。」


「英霊となられた皆様は、果たしてこのやうな未來の為に命を擲ったのだらうか。 このやうな將來の為、散って逝ったのだらうか?
英霊となられた皆様は、見ず知らずの我々に繋がる明日に、「久しく幸あれ」との思ひで死んで逝ったのではなかったか。        
 ならば、後世の我々は、せめて英霊に手を合はせ、感謝の誠を捧げるのが當然の態度であらうし、さうであらねばならない。
我々が日常の安寧を享受しつつも、散って逝った方々が身を持って示した賜として、今日の平穏な日常がある事に思ひを馳せねばならない。
總理の参拜云々を問題視する方が大問題ではないか。」

「英霊を冒涜する輩は許せません。」


「明らかに訴訟権の濫用で、受理されるべきではないと思いますが、安倍首相や靖国神社の味方は大勢いるということを示すために参加いたします。」


「今の日本が有るのは、命と引き換えに散って行かれた諸先輩方のお陰なのに。
提訴した輩は、事実を見ず自分たちの利益だけでこの様な恥ずかしい訴訟を起こした事に腹が立ちます。
本当に、微力ではありますが少しでもお力になれればと思い参加いたします」


◎訴訟補助参加へのご参加のお願い◎

去る平成25年(2013年)12月26日に、安倍晋三内閣総理大臣が靖国神社に参拝いたしました。
これに対して、一部の人たちが2014年に至って東京・大阪の各地方裁判所に対して、訴訟を起こしました。
今回彼らは、靖国神社をも被告とし、首相の参拝行為が戦争の準備に当たるなどと彼らの独自の見解で靖国神社を語った上、靖国神社に対しては首相の参拝を差し止めるよう求めています。
「一部の人達による偏った解釈」で靖国神社、ひいてはそこに祀られている英霊に対して(私達にとっては誹謗とも取れる形で)語られ、それを元に首相が英霊に感謝し慰霊する事を禁じようとしているのです。
このような事態では流石に私達の「今日にまで脈々と続くこの日本の為に尽くし亡くなられた英霊に対する崇敬の念」という多くの日本人の持つ素朴な信仰心を否定されるのも同然で、看過できません。

私たちは、私たち自身の信仰心・思いが靖国神社と利益と同じくするものであるので、この訴訟に補助参加人として訴訟参加するために立ち上がりました。
靖国神社に偏見を持つ人達が少数派である事を示す為にも、圧倒的多数をもってこの裁判に参加して行きたいと考えてます。

志に賛同していただける方のご参加をお願いさせて頂くと共に、趣旨を理解して頂ける方にもお声掛け頂ける事をお願い申し上げます。

会への入会並びに訴訟補助参加の委任状申し込みは、こちらのリンク先で→訴訟、補助参加申込書

御申込頂きますと後日、弁護団に対しての委任状を郵送いたします。
サイン押印のうえご返送ください。
※ 訴訟参加には一切の負担は発生しません。もちろん費用も不要(カンパは大歓迎!)です。

起きる仕事作業寝る-起きる仕事作業寝るー

最近の生活サイクルをそのままタイトルにしてみました。
自分の事以外の為に寝る間も惜しんで(ちゃんと寝てますが)行動する期間が人生に一度位は有ってもいいかとも思いつつも、あの人達が訴訟を起こさなければこんな状況になってないのにと思う今日この頃。
一刻も早くあの訴訟が棄却される日を公私共々待ち望んでいます。(まだまだ先の話だと思いますが)
法廷であの人達の意見が一部の人の単なる思い込み・感傷でしかないと示す為には、やはり靖国神社側と心を同じくする人たちの声と数が必要です。
応募者の数が増える事で、その日が少しでも近づいていくと考えると作業自体は心軽やかに進みます。

「この行動が国民運動として靖国神社を大切に大事に思う方々で充たされる事を切に願います。」と、いう事です。

志を同じくする方にこの運動をお伝え下さい。
二度とこのような訴訟等で靖国の社を騒がせる事の無いように、多くの国民がこの訴訟に対して反対の意思を持っているとあの人達に知らしめる為に。

(独り言はここまで)

◎事務局からのご案内◎
≪スタッフから≫
委任状原紙の送付作業を頑張ってます。(人・宛名印刷機共に)
委任状原紙(東京分・大阪分計二枚)が届きましたら、大至急署名捺印の上、ご返送をお願いいたします。
(署名部分の㊞と捨て印部分の㊞の二箇所押印部分があります、捨て印の方見逃しやすいので、ご注意下さい。
委任状は東京分大阪分の計二枚あります。双方ともご記入の上ご送付下さい)
出来るだけ早期に、皆様の思いを法廷に届けたいと思っております。
ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

≪スケジュール≫
10月の予定
【大阪】大阪決起集会
日時 10月18日(土)18:45~
会場 ドーンセンター(天満橋)
参加 参加人を中心に現在調整中
司会 調整中
※詳細については、決まり次第発表いたします。

【大阪】靖国参拝訴訟 第2回口頭弁論
 10月21日 大阪地裁 10:00(9:30より抽選)

11月の予定
【東京】靖国参拝訴訟 第2回口頭弁論
12月1日 東京地裁 15:30(14:50頃から傍聴券抽選の可能性大)

スケジュール等決定次第、順次追加いたします。

参加者の声

会の参加者の方から色々な思い・ご意見・御声援等を頂いております。
こちらの項で、少しずつご紹介させて頂こうかと思います。

声1
「日本人は、卑怯な事は恥ずかしいとされてきたのに、左翼などから、デタラメな情報操作で子どもたちが卑屈にならなくてはいけない社会を変えたい。このままでは、卑怯で卑屈な人種と同じにされてしまいます。応援します。」

声2
「今回の騒動に関して、強い不快感を抱いています。
「自分の主義主張に沿わない行動を首相が取るので、首相の行動を批判する」だけならまだしも、単なる一部の人達だけの心情を理由にして行動を縛らせる為に訴訟を起こす。
こういう訴訟を裁判所が受け付ける時点で非常に不愉快ですが、それがこと明治以来の日本の為に殉じた方々への慰霊行為に対するものであるので、不愉快を通り越して怒りすら覚えます。

どういう経緯結果であろうと、現代にまで脈々と続く日本に尽くした方々に対して、その方々が恩知らずにも全く敬意を払わず悼まないのは個人の自由ですが、その主義主張を他人にまで強要する為の訴訟とは、個人の思想信条や信教の自由を大いに侵害する行為だと思います。
国民の代表者たる首相ではなく一個人の安倍晋三として参拝するのも罷りならないとは、何の故があってそういう要求を出すのでしょうか。
全く何様なのでしょうか、あの方達は。」

声3
「祖国のために殉じた英霊に対して、総理はもとより国会議員が謝意と崇敬の念を示すのは、国家として当然のことである。
われら日本人全体にとって、英霊への冒涜は精神的な苦痛である。」


◎訴訟補助参加へのご参加のお願い◎

去る平成25年(2013年)12月26日に、安倍晋三内閣総理大臣が靖国神社に参拝いたしました。
これに対して、一部の人たちが2014年に至って東京・大阪の各地方裁判所に対して、訴訟を起こしました。
今回彼らは、靖国神社をも被告とし、首相の参拝行為が戦争の準備に当たるなどと彼らの独自の見解で靖国神社を語った上、靖国神社に対しては首相の参拝を差し止めるよう求めています。
「一部の人達による偏った解釈」で靖国神社、ひいてはそこに祀られている英霊に対して(私達にとっては誹謗とも取れる形で)語られ、それを元に首相が英霊に感謝し慰霊する事を禁じようとしているのです。
このような事態では流石に私達の「今日にまで脈々と続くこの日本の為に尽くし亡くなられた英霊に対する崇敬の念」という多くの日本人の持つ素朴な信仰心を否定されるのも同然で、看過できません。

私たちは、私たち自身の信仰心・思いが靖国神社と利益と同じくするものであるので、この訴訟に補助参加人として訴訟参加するために立ち上がりました。
靖国神社に偏見を持つ人達が少数派である事を示す為にも、圧倒的多数をもってこの裁判に参加して行きたいと考えてます。

志に賛同していただける方のご参加をお願いさせて頂くと共に、趣旨を理解して頂ける方にもお声掛け頂ける事をお願い申し上げます。

会への入会並びに訴訟補助参加の委任状申し込みは、こちらのリンク先で→訴訟、補助参加申込書

御申込頂きますと後日、弁護団に対しての委任状を郵送いたします。
サイン押印のうえご返送ください。
※ 訴訟参加には一切の負担は発生しません。もちろん費用も不要(カンパは大歓迎!)です。

約束

9/28に代表の中村重行氏とお会いしました。
主題はこの会のお話ではなく、中村氏と計画中の地域振興活動についての打ち合わせ。
(私から見ると中村氏の本領はそのような地域振興の草の根運動ではないかと思っています。
京都北山写真展や日本野遊び協会等々、このあたりの事は靖国訴訟問題の邪魔にならない程度に追々書いて行こうと思っています)

さて、話を戻しますが、その中で、雑談方々同席した方に当会「英霊を被告席に座らせることを許さない国民の会」の勧誘。
私がこまごまと趣旨を説明する中で中村代表が補足した話がずっと印象に残っており、それを記事に書き残しておきたいと思います。

「御英霊の方々は、亡くなったら靖国神社に祀られるという約束を国と交わして日本の為に戦地に向かわれ、そして亡くなられた。
国と英霊ご本人が交わされた約束なので、後世の人の都合や更には遺族の考えですら、妨げる理由にならない。
日本政府はその御英霊の方々との約束を果たす為に、ずっと慰霊し続けるのが人としての道であり国の義務としても当たり前の話。
ごく一部の連中の思想で邪魔されるのは以ての外。」


この言葉の前には何を付けても蛇足になりそうです。


(独り言はここまで)

◎事務局からのご案内◎
≪スタッフから≫
委任状原紙の送付作業を頑張ってます。(人・宛名印刷機共に)
委任状原紙(東京分・大阪分計二枚)が届きましたら、大至急署名捺印の上、ご返送をお願いいたします。
(署名部分の㊞と捨て印部分の㊞の二箇所押印部分があります、捨て印の方見逃しやすいので、ご注意下さい。
委任状は東京分大阪分の計二枚あります。双方ともご記入の上ご送付下さい)
出来るだけ早期に、皆様の思いを法廷に届けたいと思っております。
ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

≪スケジュール≫
10月の予定
【大阪】大阪決起集会
日時 10月18日(土)18:45~
会場 ドーンセンター(天満橋)
参加 参加人を中心に現在調整中
司会 調整中
※詳細については、決まり次第発表いたします。

【大阪】靖国参拝訴訟 第2回口頭弁論
 10月21日 大阪地裁 10:00(9:30より抽選)

11月の予定
【東京】靖国参拝訴訟 第2回口頭弁論
12月1日 東京地裁 15:30(14:50頃から傍聴券抽選の可能性大)

スケジュール等決定次第、順次追加いたします。

委任状原紙発送状況

 9月28日までに、メール。FAX等でお申込みいただいた方には、本日(9/30)すべて委任状を発送しました。1~2日中につくと思います。
①3~4日してもつかない場合、郵便事故が考えられます。ご連絡ください。
②身勝手の極みですが、それでも伏してお願いします。大至急委任状にご記入の上ご返信ください。次回大阪の(第2回;10/21-10:00〔9:20より傍聴抽選〕)口頭弁論に間に合わせたいからです。
ⅰ東京用、大阪用2通お願いします。
ⅱ頭の捨印をお忘れなきように


【事 務 局】
  〒565-0874 大阪府吹田市古江台2-10-13-3F 高志㈱気付
       TEL 090-3710-4815(M情報)  FAX06-6835-0974
  英霊を被告にして委員会  h100prs@oregano.ocn.ne.jp

安倍首相談話~恒久平和への誓い~

安倍首相が参拝された当日に発表された談話に、こういうものがあります。

(以下引用)

安倍内閣総理大臣の談話
~ 恒久平和への誓い ~

平成25年12月26日

 本日、靖国神社に参拝し、国のために戦い、尊い命を犠牲にされた御英霊に対して、哀悼の誠を捧げるとともに、尊崇の念を表し、御霊安らかなれとご 冥福をお祈りしました。また、戦争で亡くなられ、靖国神社に合祀されない国内、及び諸外国の人々を慰霊する鎮霊社にも、参拝いたしました。

 御英霊に対して手を合わせながら、現在、日本が平和であることのありがたさを噛みしめました。

 今の日本の平和と繁栄は、今を生きる人だけで成り立っているわけではありません。愛する妻や子どもたちの幸せを祈り、育ててくれた父や母を思いながら、戦場に倒れたたくさんの方々。その尊い犠牲の上に、私たちの平和と繁栄があります。

 今日は、そのことに改めて思いを致し、心からの敬意と感謝の念を持って、参拝いたしました。

 日本は、二度と戦争を起こしてはならない。私は、過去への痛切な反省の上に立って、そう考えています。戦争犠牲者の方々の御霊を前に、今後とも不戦の誓いを堅持していく決意を、新たにしてまいりました。

 同時に、二度と戦争の惨禍に苦しむことが無い時代をつくらなければならない。アジアの友人、世界の友人と共に、世界全体の平和の実現を考える国でありたいと、誓ってまいりました。

 日本は、戦後68年間にわたり、自由で民主的な国をつくり、ひたすらに平和の道を邁進してきました。今後もこの姿勢を貫くことに一点の曇りもありません。世界の平和と安定、そして繁栄のために、国際協調の下、今後その責任を果たしてまいります。

 靖国神社への参拝については、残念ながら、政治問題、外交問題化している現実があります。

 靖国参拝については、戦犯を崇拝するものだと批判する人がいますが、私が安倍政権の発足した今日この日に参拝したのは、御英霊に、政権一年の歩みと、二度と再び戦争の惨禍に人々が苦しむことの無い時代を創るとの決意を、お伝えするためです。

 中国、韓国の人々の気持ちを傷つけるつもりは、全くありません。靖国神社に参拝した歴代の首相がそうであった様に、人格を尊重し、自由と民主主義を守り、中国、韓国に対して敬意を持って友好関係を築いていきたいと願っています。

 国民の皆さんの御理解を賜りますよう、お願い申し上げます。

(引用ここまで。引用元:内閣府首相官邸HP http://www.kantei.go.jp/jp/96_abe/discource/20131226danwa.html


「今日の日本の繁栄が御英霊の犠牲の上に成り立っている事」を明記し、その方々に「哀悼の誠を捧げるとともに、尊崇の念を表し、御霊安らかなれとご 冥福をお祈りした」上で、今後も世界の平和と安定に責任を果たす決意を示されています。
今読み返しても、これが今回の靖国参拝訴訟の原告が訴えている「靖国参拝こそ『戦争をする為のプロセス』」であるとは私には思えません。
訴状(http://homepage3.nifty.com/seikyobunri/sojyo.html 注:意図的にリンクを張りません)にもこの文章が引用されていましたので、原告や原告弁護団は当然この文章に目を通している筈なのですが、何故そういう結論が導き出されているのか不思議でたまりません。
いい文章だと思いませんか?


(独り言はここまで)

◎事務局からのご案内◎
≪スタッフから≫
委任状原紙の送付作業を頑張ってます。(人・宛名印刷機共に)
委任状原紙が届きましたら、大至急署名捺印の上、ご返送をお願いいたします。
(署名部分の㊞と捨て印部分の㊞の二箇所押印部分があります、捨て印の方見逃しやすいので、ご注意下さい)
出来るだけ早期に、皆様の声を法廷に届けたいと思っております。
ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

≪スケジュール≫
10月の予定
【大阪】大阪決起集会
日時 10月18日(土)18:45~
会場 ドーンセンター(天満橋)
参加 参加人を中心に現在調整中
司会 調整中
※詳細については、決まり次第発表いたします。

【大阪】第2回口頭弁論
 10月21日 大阪地裁 10:00(9:30より抽選)

11月の予定
【東京】第2回口頭弁論
12月1日 東京地裁 15:30(14:50頃から傍聴券抽選の可能性大)

スケジュール等決定次第、順次追加いたします。

ギャラリー
  • 当ブログ「英霊を被告にして本当にいいんかい?!」について
  • 京都北山(京北地域)にて英気を養う
  • 少し息抜きの話題を。天満橋周辺
  • 少し息抜きの話題を。天満橋周辺
  • 少し息抜きの話題を。天満橋周辺
  • 少し息抜きの話題を。天満橋周辺
  • 【大阪】決起集会”知覧より英霊1063柱とともに”の模様
  • 【大阪】決起集会”知覧より英霊1063柱とともに”の模様
  • 【大阪】決起集会”知覧より英霊1063柱とともに”の模様
最新コメント
ブログランキング
  • ライブドアブログ